雪割茸の精進スープ

典座ネットブログ2016.9.30の記事

キノコ類の調理でまず押さえるべき点は、煮た際にどんなダシが出るかです。

椎茸のように強烈なダシが出る場合は、組合わせる食材やアク対策を考えなくてはいけませんし、松茸のような繊細なダシが出るならそれに応じた味付けが必要になります。

一般的にエノキ系は控えめながらも少しとろみがかった良いダシが出ますが、この雪割茸も同様でした。そのためその特徴を活かしたすまし汁系のスープを作ってみます。

加熱した雪割茸はトロトロっとしたぬめり気が出た独特の食感となり、その上品なダシと相まって個性的な精進スープに仕上がりました。これから寒くなる季節にはピッタリです。

雪割茸(ゆきわりたけ)の精進スープレシピ

1 雪割茸100gを食べやすい長さに切ります。

2 ワカメ20g、麩を数枚戻し、それぞれ食べやすい大きさに切ります。麩は何でも良く、はじめから一口大の場合はそのままで良いです。

3 1を昆布ダシ350ml、酒大さじ2、しょうゆ大さじ1で加熱し、沸騰したら弱火に落として3~5分ほど煮ます。

4 麩を加えてさらに1分ほど加熱したら味を見て必要なら塩少々を加え、うつわにもってからワカメを加えます。

雪割茸(ゆきわりたけ)の精進スープレシピ

雪割茸(ゆきわりたけ)の精進スープレシピ

スポンサーリンク
スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサード リンク