タケノコと豆腐の葛とき汁

典座ネットブログ2016.3.17の記事

タケノコと豆腐のくずとき汁

タケノコと豆腐のくずとき汁

タケノコと豆腐のくずとき汁_春彼岸の精進料理

1 あく抜きしたタケノコ50gをくし形に切ります。柔らかければ乱切りでも良いでしょう。生のタケノコがなければ水煮や缶詰でもかまいません。

2 鍋に入れ、昆布ダシ350ml、酒大さじ2、みりん大さじ1、しょうゆ大さじ1を加えて弱火で5分ほど加熱し、タケノコに火を入れます。

タケノコと豆腐のくずとき汁_精進料理手順

3 木綿豆腐150gをざっくりと乱切りにして加え、火を強くして豆腐の中まで火を通します。

タケノコと豆腐のくずとき汁_精進料理手順

4 味をみて、必要なら塩を加えて調整します。3の時点でいくら味をみても、豆腐を加えると豆腐の水分で味が変わるので、この時点で再調整するのです。

タケノコと豆腐のくずとき汁_精進料理手順

5 片栗粉か本葛大さじ1を水大さじ2でとき、少しずつ鍋に加え、混ぜます。一度にドバッと入れるとダマになるおそれがあるため、写真のようにチョロチョロと加え、鍋の温度が急に下がらないようにし、入れつつかき混ぜるようにします。なお片栗粉はほっておくとボウルの中で沈殿してしまうので、かき混ぜたらすぐに投入するようにします。

タケノコと豆腐のくずとき汁_精進料理手順

6 1~2分ほど中火で加熱し、火を止めて三つ葉5gを散らします。

タケノコと豆腐のくずとき汁_春彼岸の精進料理

タケノコと豆腐のくずとき汁_春彼岸の精進料理

スポンサーリンク
スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサード リンク