人参の精進グラッセ

    スポンサード リンク




    人参の精進グラッセ
    典座ネットブログ2018.1.29の記事

    1 人参300gを輪切りにします。一般的なグラッセのように面取りした細長い形にしても良いのですが端のかけらがもったいないので輪切りです。また栄養価と味を考慮し、皮はむかずにそのままですが、好みによっては皮をむいてください。

    2 蒸し器で串が通るまで5分程度蒸すか、または水から下煮します。蒸す方が甘みが強く残り栄養面でも有利ですが、柔らかさ重視ならば煮てください。

    3 鍋にオリーブオイル大さじ1を敷いて加熱し、2を炒めます。フチが深ければフライパンでも良いですが量によってはフライパンだと大きすぎるので小鍋の方が向いています。

    人参の精進グラッセ

    4 油が充分行き渡り、好みの加減に炒めたら、酒大さじ2、みりん大さじ3、しょうゆ小さじ2,塩少々を加えて水分がほぼなくなるまで良くからめます。人参の甘みだけで充分ですが、数日保存する場合や、濃い味が好きな方は砂糖を小さじ1追加すると良いでしょう。

    このとき、少々焦げ目がつくくらいに強火で炒めたてから調味料を加えた方が香りが出て美味しくなりますが、アッサリした方がよければ焦げないようにしてください。

    人参の精進グラッセ

    人参の精進グラッセ

    人参の精進グラッセ

    スポンサーリンク
    スポンサー リンク
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    スポンサーリンク
    スポンサー リンク
    Translate »